疏水沿いのオシロイバナ

 毎朝自宅から北白川別当町まで歩く途中の疏水沿いの道に赤いオシロイバナが咲いている。何株あるだろう?毎日歩く疎水沿いで十数カ所見かける。疎水沿いの木々の緑にオシロイバナの赤がアクセントになっている。次から次へと花が咲き、最近咲き終わった後の種を集めることにした。比叡平一丁目南のバス通り沿いにキバナコスモスを咲かせているが、次はこのオシロイバナもいいと思い種を採取している。キバナもオシロイバナも花…

続きを読む

秋晴れのコスモス

 まだ初秋だろうが、今日も秋晴れの好天であった。秋晴れにコスモスの花が映える。「環境と福祉の家」の周囲にはキバナコスモスと一般のコスモスが毎年咲いていた。それが今年はシカの餌場になってしまって東面のキバナコスモスだけが咲いている。南面と西面のコスモスは今年は花を見ることができない。しかしコスモスの苗をコスモスが好きな高齢者宅の庭に約30ポット植えてあげ、先日は風で傾いていた約10本に支柱を立てた…

続きを読む

めっきり秋らしく、文化祭打合せ

 めっきり秋らしくなった。「暑さ寒さも彼岸まで」で、秋分の日の22日~23日は息子S輔と比叡平「環境と福祉の家」に泊まったが夜激しい雨で、気温も下がり夏布団をかぶって寝た。昨日、今日は快晴の秋の空で、配食サービスで山中越えを車で往復する時も窓を開け爽やかな気持ちのいい風を感じて運転した。市民センターへ今年の文化祭の参加申込書を提出した。NPO陽だまりの会設立後、毎年比叡平の文化祭に参加し、今年で…

続きを読む

アゲハの幼虫3匹、写真展

 「環境と福祉の家」のプランターの小さなミカンの木にナミアゲハの幼虫が3匹いるのを見つけた。この小さな木にアゲハの幼虫がいたのは3回目、3年続いて見つけている。1回目は飼育箱に移して観察し、2年目はそのまま放置していたが羽化したての美しいアゲハ蝶を見ることができた。今回は3匹もいた。「3匹もよくいらっしゃいました!」という感じだった。この小さなミカンの木を見つけて毎年卵を産み付けているのが不思議…

続きを読む

待望の花咲く

 このところ土日と休み、言わば週休二日で「環境と福祉の家」へ出勤?している。暦の上では今日月曜は「敬老の日」の祝日で休みだが、そこは自営業?の身であり祝日に関係なく仕事のある日は出ることになる。二日休んで「環境と福祉の家」に入ると、庭のホテイアオイと芙容の花が咲いていた。どちらも待ち望んでいた花で、清楚なホテイアオイの花、息子S輔が小学生の頃毎年行っていた琵琶湖畔のキャンプ場で咲いていた思い出の…

続きを読む

堆肥場へ小枝捨て、二年目のキバナ

 今日午前は「陽だまり・墨彩画」で、新しく習いたいという人を車で迎えに行き、その車に他の二名も乗せ「環境と福祉の家」へ戻った。墨彩画は基本が水墨画で、それに淡い色付けをするが、今日初めて顔料で淡い色付けをした・・・。   昨日の里山倶楽部会合で小枝や草を捨てる堆肥場の場所が出来たと聞いたので、午後早速捨てに行った。一丁目南のバス通り、ネムの並木の道の一番東側に先日作った看板が立てられ、谷へ…

続きを読む