大文字山山頂標識

 先日大文字山頂上で標識がないのに気付いた。以前は山頂に色々私設標識があったがなくなっていた。私設標識は撤去されるようだ。しかし大文字山山頂に標識がないのは淋しい。本来はどこか公的機関が正式標識を設置すべきだが、それがないので作ることにした。今日午前に仕上げを行い、午後取り付けに行った・・・。  今日は作業所が年末年始休暇に入った息子S輔と二人で比叡平「環境と福祉の家」へ。週末寒波が来ていたの…

続きを読む

比叡平は雪で薄化粧

 朝リビングのカーテンを開けると京都市内に雪はなかったが、遠く愛宕山が朝日を受けて白銀に輝いていた・・・。比叡平三丁目東のバス停で京阪バスを降りると、比叡平はうっすらと雪景色だった。山中越え道路沿いの温度計が―1℃であったので、道路に薄く積もった雪も溶ける気配はなく、比叡山は中腹までは雪で山頂は雲に覆われていた・・・・・。  今日は「環境と福祉の家」の大掃除。一番使用頻度が高い事務室と台所を主…

続きを読む

新しい場所で”陽だまり望年会”

 今年も残り少なくなったが、昨日、「陽だまり望年会(忘年会でなく)」が、山中比叡平住民交流センター”こもれび”で行われた。今年5月から旧保育園の住民交流センターへ「陽だまりサロン」が移り、新しい場所で初めての望年会であった・・・。昨年は自治会館”やまびこ”で陽だまりの会の皆さんの”パワー”を感じたが、今年は35名の申込み、欠席1名で昨年同数の34名の参加で、今年は更に活動の幅が拡がり、NPO陽だ…

続きを読む

心の充足の聖夜

  今朝の京都新聞朝刊の一面に昨夜のカトリック河原町教会の市民クリスマスの写真と記事が載っていたが、昨夜は、カトリック高野教会のクリスマスミサに与った。毎年クリスマスの夜は教会のミサに与っているが、このクリスマスミサはいつも心の充足を覚える。もう40年も毎年クリスマスミサに与って幸福感に満たされてきた。オーバーになるが私の人生の、私がこの世に生まれてきた喜びの一つであった・・・。昨夜も…

続きを読む

大文字山往復50分

 昨日は教会の行き帰りに高野川から眺める比叡山はきれいだった。青空をバックに冠雪した比叡山は富士山のようでもあった。今日は天皇誕生日の祝日。世間は三連休だが”陽だまり”があるので比叡平へ上がった。比叡平に雪はなかったが、比叡平から眺める比叡山は京都からと違って双子山で昨日同様に中腹から山頂にかけ雪に覆われていた・・・。  ”陽だまり”は午後からで、午前中は空いていたので思い立って大文字山へ行く…

続きを読む

難しい言葉”サルコペニア”が新聞に

 4月~5月に受けた介護予防運動指導員研修で初めて知った言葉”サルコペニア”(加齢による筋肉減少症)が、新聞記事の見出しに大きく紹介されていたのには驚いた。かなりの専門用語と思っていたから、講義を聴いて高齢になると筋肉が減少していくと理解したが、サルコペニアという言葉まで頭に入らなかった。それが新聞の記事に使われていて、今度はしっかり頭に入り、こういう専門用語も新聞やTVで紹介されていき一般的言…

続きを読む