大阪南港と枝の主日

 昨日は大阪南港のATCへNPO比叡平・陽だまりの会から出張?。会社を定年退職して7年、南港は取引先の倉庫やインテックス大阪の見本市、展示会などでよく行った場所だ。久々に南港の景色を見るがあまり変わっていない。相変わらず空き地も目立つ。考えてみるとこの7年も景気がよくなかったので、南港へ進出する企業もそんなにないのだろう・・・。昼前にATCに着くとイベント広場から東日本大震災復興ソング「花は咲く」が聞こえてきた。この歌は歌う人によって心打たれるが、広場で歌っていた人は素人だと思うが上手かった。その歌声に心を打たれた・・・。

 ATCビルのITM棟11Fにエージレスセンターがあり、介護福祉用具の常設展示場になっていた。午後、このセンターの会場で開かれた「運動特特化デイサービスセミナー」に参加した。運動特化デイサービスのビジネスモデル、施設運営、運動プログラムの説明、紹介があり、高齢者向けの機能訓練マシンの体験もあった。定員20名限定の説明会だったが、満席でこのビジネスの広がりを実感した。いずれ今の介護保険デイサービスの半分はこの介護予防運動特化のデイサービスになるだろう・・・・・。

 今日は枝の主日。イースター(復活祭)の一週間前の日曜日で、イエス・キリストがエルサレムへ入った日、人々がシュロの枝を持って迎えた日とされる。カトリック高野教会ではミサが始まる前に皆シュロの葉を持って快晴の庭に集まり、司祭の後について聖堂に入場して行き、そこから今日のミサが始まった・・・。年度末は異動の時期だが、先日、4月から韓国人の夫(プ)神父が高野教会から京丹ブロックへ移ることが発表された。なぜか皆に慕われる神父が早く異動になってしまい残念でならない。夫神父のミサは今日と復活祭のあと二回で、今日の説教の中で自ら別れの気持ちを表わすように静かな歌を歌われた・・・・・。

Cimg9904 Cimg9912

Cimg9913 Cimg9917

この記事へのコメント